アトピーとアシドフィルス菌 - ビオチンで掌蹠膿疱症、アトピーを改善しよう

ビオチンで掌蹠膿疱症、アトピーを改善しよう ホーム » スポンサー広告 » ビオチンとアトピー » アトピーとアシドフィルス菌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーとアシドフィルス菌

アシドフィルス菌はアトピーにも効果あり

アシドフィルス菌は、アレルギーの体質改善の効果が期待されているサプリメントです。

アレルギー体質の人は、免疫システムのTh2細胞が暴走している状態です。
Th1細胞とTh2細胞のバランスが取れているのが本来の状態なのですが、
アレルギー体質は、シーソーが傾いてしまっているかのように
Th2細胞が強くなっています。

アシドフィルス菌には、Th1細胞を活性化する働きがあります。
そのため、アレルギー体質の人がアシドフィルス菌を飲むことで
両者のバランスが取れるようになると期待されています。

カルピスの実験によると、
アシドフィルス菌を飲み続けたことで、アトピーの症状が軽くなっています。

8週間飲み続けたところ、
・アトピーのかゆみが軽くなる
・皮膚の状態が以前よりよくなる

といった結果が出ています。

カルピス


ほかにも、同じくアレルギー疾患である花粉症のかゆみが軽減されているようです。


アトピーも、腸が悪玉菌ウヨウヨ状態に

腸は、体の免疫システムの重要な場所です。
自己免疫力を高めるには、腸内にすむ細菌の状態を正常化することが大切です。

腸には数多くの種類の100兆個を超える細菌がすんでいます。
そのなかには、善玉菌と悪玉菌があり、健康な人は善玉菌が優勢で悪玉菌を抑えています。
一方で悪玉菌が優勢になると、健康を損ねてしまいます。

最近の理論によると
アトピーは、腸内の環境が悪化した結果、
免疫システムが正常に働かず、全身の免疫システムが過剰に反応してしまって
本来は害のないものにまで、敏感に反応してしまい
アトピーの症状が出ているといいます。

そのため、腸内環境を悪玉菌を抑えて善玉菌優勢の状態にしていくことが
アトピーの改善には大切です。


アシドフィルス菌を飲むなら

アシドフィルス菌には、Th1細胞を活性化してTh2細胞とのバランスを取る作用が期待できますが
「腸内環境全般の改善」をするにはアシドフィルス菌だけでは足りないといいます。

アシドフィルス菌を飲む際に、善玉菌が好む食物繊維入りのものにするとよいでしょう。
同時に、アシドフィルス菌以外の善玉菌もとると腸内環境の改善がより早く進みます。
ビオチンを消費しない善玉菌に、ミヤリサン(酪酸菌)があります。


腸内環境が悪玉菌優勢になっている場合は、
改善するのに半年~2年の期間がかかります。
気長に取り組みながら、体質改善をしていくことが肝心です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。