ビオチンとアシドフィルス菌 - ビオチンで掌蹠膿疱症、アトピーを改善しよう

ビオチンで掌蹠膿疱症、アトピーを改善しよう ホーム » スポンサー広告 » ビオチンと掌蹠膿疱症 » ビオチンとアシドフィルス菌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビオチンとアシドフィルス菌

アシドフィルス菌はビオチンを生み出すのか

アシドフィルス菌がビオチンをつくりだすという説をネット上でけっこう目にすることがあります。
それについて調べてみましたが、有効な論文を見つけ出すことができませんでした。

もしかしたら海外ではそのような論文を発見することが可能なのかもしれませんが、
現時点では確認を取ることができません。

そのため、アシドフィルス菌がビオチンをつくりだすという説については
どうなのだろうか・・・と疑問が残ります。


アシドフィルス菌はアレルギーに効く

アシドフィルス菌はアレルギーを改善するという研究論文がありました。

アシドフィルス菌は
・花粉症
・アレルギー性鼻炎
・アトピー
などのアレルギー疾患への効果は認められているようです。


そもそもアレルギーとは

そもそもアレルギーは「免疫のシステム」と関係があります。

体に細菌やウイルスなどが侵入してくると、それらから体を守るために
白血球やリンパ球などの細胞が、「これは異物だ」と判断し、
連携プレーをしながらそれらを撃退します。
これが、免疫のシステムです。

免疫のシステムは白血球(なかでもリンパ球)によって行われます。
そのリンパ球には
・T細胞
・B細胞
・ナチュラルキラー細胞
・キラーT細胞
などがあり、それぞれが与えられた役割を果たしています。


アレルギーは、外から異物が侵入したときに働く免疫システムが暴走してしまっている状態です。
食べ物やダニ、ハウスダストなど、本来ならそれほど体に害のないものに対して
「異物がやってきた、やっつけろ!」と過剰に免疫システムが働いてしまった結果、
体のさまざまな部位に作用して、炎症を起こしてしまっているのです。


Th1細胞とTh2細胞

免疫システムの中にTh1細胞とTh2細胞と呼ばれるものがあり、
ふつうは両者がバランスをうまく保っているのですが
アレルギー体質の人は、Th2細胞の力が強くなっていることが多いのです。

ここでアシドフィルス菌の登場です。

アシドフィルス菌は、Th1細胞を活性化する働きがあります。

アレルギー体質の人がアシドフィルス菌を飲むことで
Th1細胞を活性化し、Th2細胞が暴走を食い止めて、両者のバランスが取れるような状態に
体質改善ができるのではないかと考えられています。

実際に、カルピスの行った調査では
アシドフィルス菌を飲んだ後・・・
花粉症の目のかゆみ、鼻のかゆみが軽くなった
というデータが出ています。

アシドフィルス菌は、ビオチンをつくるかどうかはよくわかりませんが
花粉症には効果があるようです。


掌蹠膿疱症も、Th1細胞とTh2細胞のバランスが崩れている状態です。
けれど症状の状態によって、どちらが暴走しているかが異なるようなので
(つまりTh1細胞が強くなっている場合もあり、アシドフィルス菌でより強化されてしまう恐れが)
掌蹠膿疱症の人はアシドフィルス菌を飲まないほうがよさそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。